ご来店前にいただくご質問

市販のシャンプーと美容室のシャンプーって何が違うの?

B子
B子
市販のシャンプーと美容室のシャンプーって何が違うの?
美容室のシャンプーって本当に良いものなの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

違いを簡単に説明すると「洗浄成分」と「美容師があなたに最適なシャンプーを選ぶ」の2つが大きな違いです。

その理由について更に詳しく解説しますね!

そもそも良いシャンプーとは?

まず、「良いシャンプー」とは何か?についてお話させてください。

以前別の記事(下記参照)でもお話させて頂きましたが、シャンプーは少なからず毛髪をダメージさせてしまいます。

家でするトリートメントって本当に意味があるの? こんな疑問に今回はお答え致します。 結論を言ってしまうと… トリートメントこそ“ご自宅で毎日”おこなって頂くと効果的です! 是非毎...

洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な油分や水分、栄養成分まで洗い流してしまい、髪や頭皮のダメージに繋がります。

なので当店では、「頭皮環境に合った、適切な洗浄力を持ったシャンプーが良いシャンプー」とお伝えをしております。

市販のシャンプーと何が違う?

「適切な洗浄力」と同じく気を付けたいのが「刺激の強さ」です。

良く旅館や温泉に備え付けてあるシャンプーを使った後に、髪がパサついたり、ゴワゴワしたりしませんか?

洗浄力や刺激が強すぎる場合、そのようなことになります。

では、その「洗浄力」と「刺激」はどうやって見分ければよいのでしょうか?

洗浄力の強さを決めるのは「界面活性剤」と呼ばれる成分です。

界面活性剤は「水に溶ける性質」と「油になじむ性質」をもっています。

下の図の様に汚れをキャッチし、洗い流しやすくすることが主な役割となります。

この界面活性剤が頭皮の油分・水分を取り過ぎず、適切なバランスを維持できることが大切です。

必要以上に油分を取ったり、肌に刺激を与えることは当然ダメージに繋がります。

【代表的な“低刺激”界面活性剤の成分】
<※左右にスクロールが出来ます!>

種類/特徴代表的な成分名特徴洗浄力刺激泡立ち
高級アルコール系ラウリル硫酸○○、ラウレス硫酸○○洗浄力が強く、泡立ちが豊富。
価格が安い。
スルホン酸系オレフィン、スルホン酸Na高級アルコール系と比較して、刺激はやや少ない。
洗浄力は高く、泡立ちも良い。
アミノ酸系
(グルタミン酸系)
ココイルグルタミン酸○○、
ラウロイルグルタミン酸Na
泡立ちが弱く、洗浄力は控えめ。
高価なので、市販品にはあまり使われない。
アミノ酸系
(アラニン系)
ココイルアラニン○○、
ラウロイルメルチアラニン
グルタミン酸よりは泡立ち、洗浄力が強い。
ほどよい洗浄力なので扱いやすい。
やや弱やや弱やや少
ベタイン系コカミドプロピルベタイン、
○○ベタイン
泡立ち、洗浄力は弱め。
刺激が少ないので、ベビー用品やアレルギー肌用に使用される。

 

ほんの一部ですが、シャンプーに使用されている界面活性剤の種類はこんな感じです。

「高級アルコール系」の成分は脂性肌の方には向いていますが、それ以外の方が使用すると頭皮に必要な油分まで洗い流してしまうので、要注意です。

アミノ酸系、ベタイン系の成分は高価なので、通常市販のシャンプーには使用されません。

使用されていたとしても、そこまで多く含まれていない事がほとんどです。

そういった場合はシャンプーボトルの裏面の成分表を見てください。

シャンプーの構成は次の図の様になっており、成分表は含まれている量の多い成分から順に記載されています。

くじら君
くじら君
それぞれの成分の役割はこんな感じ!!
全体の約50~60%が水で構成されています。
界面活性剤洗浄成分。汚れを落とす役割。
コンディショニング成分髪の保護成分。きしみ等を少なくします。
その他香料など製品の特徴付けに使われます。
防腐剤商品を腐敗させない様にします。

 

裏面の成分表記には、含んでいる量が多いものから順番に表記されています。

大抵は、「水」「界面活性剤」「コンディショニング成分」「香料・その他」の順番で表記されています。

水の次に低刺激の成分が表記されていれば、比較的刺激が少ない目安になるかと思います。

まとめると・・・。

市販のシャンプーには洗浄力・刺激が強く低価格な界面活性剤が使用されている場合が多い。

美容室のシャンプーでは、アミノ酸系の低刺激な成分で高価な界面活性剤が使用されている。

このような違いがあります。

 

美容師に頭皮チェックをお願いしよう!

もう1つ市販のシャンプーとの大きな違いがあります。

それは担当の美容師があなたに合ったシャンプーを選んでくれるという点です。

先ほども言った通り、洗浄力が強いからと言って、必ずしも悪いというわけではありません。

シャンプー選びで最も大切なことは、「あなたの頭皮に合ったシャンプー」を見極める事です。

しかし、自分の頭皮は自分で見る事が出来ないので、担当の美容師に見て貰いましょう!

頭皮の状態は、健康状態やその日の天候、花粉などのアレルギー、肌タイプによって変わりますので、こまめに診断してもらうのがおすすめです。

まとめ

市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違い
市販品美容室
洗浄力

強いものが多い

基本的に市販品は価格を抑える為、洗浄成分を安価で泡立ちが良いものを使用するケースが多いです。
※全ての商品がそうとは限りませんが、あまりに安い場合は成分を確認しましょう!

弱酸性で刺激が少ない

美容室で使用されるシャンプーは、基本的に頭皮に優しく洗浄力が控えめな成分を使用しています。
施術後のケア、仕上がりをより良くする為には、成分にこだわりが必要です!

価格

安い

基本的に美容室のシャンプーの3~5割程度で購入することが出来ます。

やや高い

市販品の倍以上するものがほとんどです…。
ですが、実は化粧水や乳液などのスキンケア商品よりはずっと安い価格なんです!
話すと長くなるので、この辺にしておきます(笑

購入方法

自分で選んで購入

購入する時は自分で決めます。。

美容師と相談して購入

あなたの頭皮状態、行っている施術履歴、肌タイプに合わせて最適なシャンプーをご案内致します。

良いシャンプーの1つの目安は「洗浄力」と「刺激」です。

そして、今の自分には何があっているのか美容師に聞くこともおすすめです。

市販のシャンプーが全てにおいて悪いとは言いません。

しかし、何か頭皮に違和感や髪がゴワツク・パサつく、まとまりが出ない、などと感じていましたら、是非ご相談ください。

当店オリジナルの低刺激シャンプーもご用意がありますので、是非使ってみてください!


Minオリジナル「オイルシャンプー」です!クセ毛やうねりにお悩みの方におすすめのタイプです!

旅行用としても使える「トラベルサイズ(お試し用)」もご用意ありますので、ご興味があればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

弥勒店

弥勒店に電話をかける 

弥勒店にLINEする 

本通店

本通店に電話をかける 

本通店にLINEする 

おすすめコンテンツ3選

サイト案内

ご予約はこちらから

LINE_CTAのタイトル

LINE予約の流れ
友だち追加

LINE_CTAのタイトル

友電話で予約する
関連記事