ご来店前にいただくご質問

酸熱トリートメントってなに?髪質は改善するの?

  • 酸熱トリートメントってなに?
  • 縮毛矯正と何が違うの?
  • 髪質が改善されるってホント?

この記事では、こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 酸熱トリートメントと縮毛矯正の違い
  • 酸熱トリートメントの仕組み
  • 酸熱トリートメントはどんな人におすすめ?

当店は静岡市に2店舗ある、美髪専門サロンのMin(ミン)です。

専門サロンということもあり、『髪のお悩み』のご相談を毎日いただきます。

この記事では、テレビに取り上げられたこともあり、最近有名なメニュー『酸熱トリートメント』のお悩みについて解説致します。

酸熱トリートメントと縮毛矯正の違い

2つの違いは「クセが伸びるか、伸びないか」です。

縮毛矯正は「遺伝的なクセ」を伸ばすことができ、酸熱トリートメントには厳密に「遺伝的なクセ」を伸ばせません。

遺伝的なクセ(天然パーマ、捻転毛)の方は、いくら酸熱トリートメントをしても、縮毛矯正のようなストレートヘアにはなりません。

しかし、Instagramやテレビなどで「さらさらでキレイなストレート」の仕上がりを紹介されることが多いです。

次に、なぜそのような仕上がりになるのか解説をしていきます。

酸熱トリートメントの仕組み

髪のタンパク質同士は、それぞれ結合しています。

この結合の形状によって、その人の髪の質やクセの形状が決まります。

上の図のように髪がダメージすると結合が減り、パサつき、クセ・うねり、切れ毛、枝毛、まとまらない…。などの症状が出てきます。

そしてこの結合は1度切れてしまうと2度と戻ることはありません。
これが「髪が生き返ることはない」と言われている理由です。

そこで、今までのトリートメントは、この状態に外部補修をすることで「髪の表面を整え」手触りやツヤを見せる補修をおこなってきました。

このように外部を補修することで髪質を良く見せるのが「通常のトリートメント」です。

この際、内部にもトリートメント成分は浸透しますが、しっかりと補修できるレベルではありません。

それに対して、「酸熱トリートメント」は内部に新しい結合をつくり、内側から髪を引き締めます。

結合を復活できないのなら、新しく作ろう!というのが髪質改善(酸熱)トリートメントが今までのトリートメントと違うポイントです。

酸熱トリートメントで、それぞれの髪の結合よりも、より強い結合を一時的に作ることで髪質をコントロールすることができます。

そして髪の内側が引き締まることで、クセやうねりが目立たなくなり「真っすぐになった」と感じる方が多いです。

縮毛矯正の仕組み

縮毛矯正は「遺伝的な強いクセ」も真っすぐなストレートヘアにすることができる唯一の施術方法です。

遺伝的なクセ毛の方は、結合がボタンの掛け違いのようになっています。

これを切って正しくボタンをかけるというのが「縮毛矯正」の仕組みです。

上の図のようになっている結合を…。

正常なストレートの状態に戻し、再び結合します。

結合を新しく切って繋ぎなおすことで「クセを真っすぐに伸ばす」ことができるのが「縮毛矯正」です。

どんな人に向いているの?

髪質改善に向いている方は次の通りです。

  • 髪の毛が細い
  • 髪がダメージしてパサつきを感じる
  • 髪がよく水分を吸収する
  • 最近縮毛矯正があんまり効かない
  • ウェーブというよりチリチリした感じのクセがある

このような方は髪質改善トリートメントが向いています。

反対にあまり効果を実感できない方もいらっしゃいます。

  • 髪の毛が太い
  • 髪が良く水をはじく
  • 髪に弾力、ハリコシがある
  • うまれつきのクセを真っすぐにしたい
  • ダメージがなく健康毛である

髪が健康毛であったり、生まれつきのクセをまっすぐにしたいということでしたら、縮毛矯正やヘアエステなどの施術がおすすめです。

なぜなら髪質改善トリートメントは「結合が減っているところに新しく結合をつくり髪を補修する」トリートメントだからです。

結合が減っていないと、新しい結合をつくるスペースがないのであまり効果は実感できません。

「試して見たけど、あんまり効かなかったかな…?」という方は、健康毛かもしれません!

ご予約はこちらから

LINE_CTAのタイトル

LINE予約の流れ
友だち追加

LINE_CTAのタイトル

友電話で予約する
関連記事