ご来店前にいただくご質問

ダメージが気になって、ヘアカラーやパーマが楽しめないという方へ

  • ヘアカラーやパーマをしたいけど、これ以上髪は痛ませたくない
  • 美髪になるためには、しばらくカラーは控えなきゃいけないのかな?
  • カラーやパーマで傷ませない方法が知りたい

この記事では、こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • カラーやパーマをしてもダメージを気にしなくて大丈夫です
  • カラーやパーマでダメージする3つ原因
  • ダメージレスにカラーやパーマを楽しむ

当店は静岡市に2店舗ある、美髪専門サロンのMin(ミン)です。

専門サロンということもあり、『髪のお悩み』のご相談を毎日いただきます。

この記事では、女性にとって必須のメニュー『ヘアカラー』のお悩みについて解説致します。

カラーやパーマをしてもダメージを気にしなくて大丈夫です

ダメージを心配して、カラーやパーマをやめる必要はありません

なぜなら、適切な施術をおこなえば、ダメージは限りなく0にできるからです。

実際に当店でも10年以上カラーをしていますが、ハリコシのあるキレイなカラーを今でも楽しんでいらっしゃいます。

ですが、少なからずダメージすることも事実です。
しかし、ダメージするからといって、「おしゃれを諦める」必要はありません。

ヘアカラーやパーマは女性が「なりたい自分」になれる、素敵なメニューです。

それを我慢して「なりたい自分」になれないのに、美髪とは言えないですよね。

でもご安心ください。

美容室で適切な施術がされ、ご自宅で少し気を付けていただければ、カラーダメージを最小限に美髪&おしゃれ髪を楽しんでいただけます。

カラーやパーマでダメージする3つ原因

本来キレイな髪になっていただくための美容室ですが、反対にダメージの原因になるケースが非常に多いです。

カラーやパーマで傷んでしまった、という方は次の3つが原因として考えられます。

3つの原因

  • 薬剤選定、診断によるミス
  • コーティングがメインのトリートメント
  • 適切な処理がされていない

その1.薬剤選定、診断によるミス

美容室で本当に多いのが、こちらのミスです。

「カラー、パーマをしてはいけない髪」があり、その髪に施術をすると、チリチリになったり、パサついてまとまらない髪になります。

また、市販のカラー剤やブリーチなど、強すぎる薬剤で施術している場合も傷む原因となります。

その2.コーティングがメインのトリートメント

トリートメントは数えきれないほど種類があるのですが、その中でもコーティング力が強すぎるものには注意が必要です。

トリートメントに含まれる、コーティング成分(主にシリコン剤)は髪の表面を整え、ツヤを出すことができます。

しかし、それはあくまで一時的なツヤであり、内部がスカスカになってしまっている場合があります。

それでは、カラー後にいくらトリートメントをしても、ダメージケアにはなっていません。

また、過剰にコーティングされている髪は、トリートメントの栄養成分やヘアカラーの色素をはじく能性も出てきます。

美容室のトリートメントにも、こういったコーティングがメインのトリートメントは多くあります。

1~3日くらいは手触りが良かったけど、すぐに効果が感じられなくなった…。という場合はコーティング系のトリートメントである可能性が高いです。

その3.正しく処理をされていない

カラーやパーマをおこなうと、確かに髪に負担がかかります。

ですが、本来負担をかけたままにしなければ、ほとんどダメージしません。

髪は「水に濡れただけ」でダメージします。

濡れた髪はおかゆのようにゆるゆるで、栄養が流れやすい不安定な状態です。

しかし、乾かせば元の強度に戻ります。

カラーやパーマをおこなった後も、薬剤で不安定になった髪を元に戻ば、ダメージはほとんどしません。

ダメージレスにカラーやパーマを楽しむ

髪を傷めず、カラーやパーマを楽しむためには、次に3つに気を付けてください。

傷ませない3つのポイント

  • 適切な作用力の薬剤を使う
  • 髪に負担をかけたままにしない
  • 内部補修がメインのトリートメントでダメージケア

この3つに気を付けて、美容師が適切な施術をおこなえば、ダメージを気にせずカラーやパーマを楽しめます。

また、美容室で適切な施術がされていれば、ご自宅でのケアも最小限で済みます。

さいごに

もし、あなたが、

  • ヘアカラーやパーマをしたいけど、これ以上髪は痛ませたくない
  • 美髪になるためには、しばらくカラーは控えなきゃいけないのかな?
  • カラーやパーマで傷ませない方法が知りたい

というようなことで、お悩みでしたら、お気軽に当店にご相談ください。

私たちと一緒に、あなたの理想の美髪を叶えませんか?

ご予約はこちらから

LINE_CTAのタイトル

LINE予約の流れ
友だち追加

LINE_CTAのタイトル

友電話で予約する
関連記事